主要成果に関する報道

(文献や講演の一覧は「成果発表」のプルダウンから参照ください)

安定的な再生可能エネルギーの電力供給を実現 〜新たな最適蓄発電運用計画法を開発〜

東工大ニュース(2019.02.07)Y.Cho, T. Ishizaki, N. Ramdani, J. Imura: Box-Based Temporal Decomposition of Multi-Period Economic Dispatch for Two-Stage Robust Unit Commitment. IEEE Transactions on Power Systems, 34(4), pp.3109-3118, 2019 の研究成果について解説しています。[Link]

電力ネットワークの同期は対称性がカギ 〜再エネ普及時の安定供給につながる、世界初の理論解明〜

東工大ニュース(2018.05.02)T. Ishizaki, A. Chakrabortty, J. Imura: Graph-Theoretic Analysis of Power Systems. Proceedings of the IEEE, 106(5), pp. 931-952, 2018』の研究成果について解説しています。[Link]

風力発電の大量導入のもとでも電力の安定供給を実現するプラグイン型制御技術を開発

科学技術振興機構報 第1286号(2017.10.10)『T. Sadamoto, A. Chakrabortty, T. Ishizaki, J. Imura: Retrofit Control of Wind-Integrated Power Systems. IEEE Transactions on Power Systems, 33(3), pp.2804-2815, 2018』の研究成果について解説しています。[Link]

太陽光発電の電力需給バランスを維持する技術を開発 ~発電量の予測誤差を考慮し、停電リスクを低減~

科学技術振興機構報 第1286号(2015.12.08)T. Ishizaki, M. Koike, N. Ramdani, Y. Ueda, T. Masuta, T. Oozeki, T. Sadamoto, J. Imura: Interval Quadratic Programming for Day-Ahead Dispatch of Uncertain Predicted Demand. Automatica, 64, pp.163-173, 2016.』の研究成果について解説しています。[Link]